音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-03 [ Sun ]
3月に来日予定のASIA。
アメリカ・ツアーでのセット・リストを発見。
ちょっと、すごい(いろんな意味で)。


ASIA、Alphaからの曲だけでなく、Yes、King Crimson、The Buggles、そしてEL&Pの曲もやったみたいです。

Time Again (Asia)
Wildest Dreams (Asia)
One Step Closer (Asia)
Roundabout (Yes)
Without You (Asia)
Cutting It Fine (Asia)
Steve Howe Acoustic Solo
Fanfare For The Common Man (EL&P)
The Smile Has Left Your Eyes (Alpha)
Don't Cry (Alpha)
In The Court Of The Crimson King (King Crimson)
Here Comes The Feeling (Asia)
Video Killed The Radio Star (The Buggles)
The Heat Goes On (Alpha)
Only Time Will Tell (Asia)
Sole Survivor (Asia)
Ride Easy
Heat Of The Moment (Asia)

ラジオ・スターの悲劇』やっちゃうの?
アーワ、アーワ」って歌って踊っていいってこと??っていうか、まさかJohn Wettonがこの曲のヴォーカルとるなんて、ありえないよね。。。



そういう意味では、Wettonさんが歌う『Roundabout』もすっごい興味あり。曲は大好きなんだもの。それからJohn Wettonって「宮殿」の頃Crimsonにいたのでしたっけ??という自信のない疑問もあり。

行こうかどうしようか五分五分だったんだけど、やっぱり師匠に頼んで連れて行ってもらおうかしら。
今からでもチケット取れるかな。
スポンサーサイト

コメント

来るんですよね~。

そうそう、これを千里さんに教えてあげようと思ってたんです。
来るんですよね、Asia。
しかも、オリジナルメンバーで♪

多分私は行くと思いますが(笑)、まだチケット入手してないんですよ。
まだ残ってるよねって内心ドキドキです(苦笑)。

◆BONOさん

私も行けることになりました、チケットもぎりぎり取れたし、また楽しみが増えました。
Bonoさんも急いで!

NoTitle

っつうか「クリムゾンキングの宮殿」やっちゃうの??ウェットンだからいいけどさ、でもねぇ…、へぇ~。驚いた。

NoTitle

オリジナルメンバーなんですか。
へえ~。
そういや、ウェットンさんは生で見たことがなかったなあ。
でもエイジアファンじゃないからなあ、行くかどうか微妙ですねえ。
ちなみに宮殿にウェットンさんはいません。
あの時のボーカルはグレッグ・レイクさんです。
プロデューサーもオリジナルで、元バグルスのトレヴァー・ホーンさんだとすれば、彼がついてきて歌ったりしたら面白いですねえ。

ところで、記事の頭のところ、AISAになってます。

コメントありがとう♪

◆フレさん
そうなのです。やっちゃうらしいのです。やっぱりビミョーなのかしら。よりによって何故この曲?怖いものみたさ的な楽しみを感じてます。

◆こぶしさん
私もエイジア・ファンとまでは行かないのだけれど、プログレ界の有名人達を生で見ておくのも勉強のうちかなぁ、と思ってチケット買ってしまいました。
トレヴァー・ホーンが出てきたらそして「ロンリー・ハート」なんかもやってくれちゃったら、ある意味楽しさ倍増しちゃいますね。

 *スペルミスは修正しました、ありがとうございました。

もしや

失礼ながら、トレヴァー・ホーンさんとトレヴァー・ラヴィンさんを間違ってらっしゃるかなあという気が…。
一応解説を。
ホーンさんはバグルス(バグルズ?)でトンボメガネ掛けて歌ってる人ですが、キーボードのジェフ・ダウンズさんと一緒にイエスに吸収合併されました。ホーンさんはイエスの『ドラマ』というアルバムで脱退したジョン・アンダーソンの代わりにボーカルをとったんですが、昔からのファンには受け容れてもらえず、イエスは解散。その後、イエスから浪人になったスティーヴ・ハウさんとダウンズさんがエイジアのオリジナル・メンバーとなって、ホーンさんは裏方に回りました。
一方、同じくイエスから浪人になったクリス・スクワイアはトレヴァー・ラヴィンらと『シネマ』というバンドを結成しました。そこにジョン・アンダーソンを迎え入れて、再びイエスとして活動し始めたのが、ロンリーハートの新生イエスです。
なので、エイジアのオリジナルメンバーと、ロンリーハート・イエスとは直接関係ございません。
余計なおせっかい解説すみませんでした。

◇こぶしさん

詳しい解説、ありがとうございます!
ロンリーハートを歌っているのがジョンさんでホーンさんがプロデュースしたというのは以前勉強済みでした。ラヴィンさんのことはよく存ぜず。
ただエイジアのコンサートに突然ホーンさんが出てきて自分が歌っていない曲を歌ったら(曲目はなんでもよいのですが)、宮殿やラジオ・スターみたいに「何だこりゃ?」と楽しめるかなぁと思ってしまったのでした。悪乗りしすぎでしたね。。。
せっかくなので近々ホーンさんが歌っているイエスのアルバムを聴いておきます。

In The Court Of The Crimson King !?

うわ!このセットリスト凄い!!!
今、仕事の追い込みなので、時間ができたら、
記事にさせていただいてもいいですか?

いやー、ひさびさに血が騒ぎます!
今一番観たいバンドかもーーー。

◆ねーさま

ね、ね、凄いですよね。実際この順番に曲を並べて聴いてみたのですが、思った以上に楽しいです。ねーさまも行かれますよね、同じ日だといいなぁ。

お仕事がんばってください、記事楽しみにしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/98-caf7fc98

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。