音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-11-13 [ Mon ]
数年前、会社の近くにある小さな映画館でこの映画を上映していてその時初めてこの楽器の存在を知ったのでした。さきほどいつも記事を拝読している方のところでバーチャル・テルミンを発見して大喜びで鳴らしまくってしまいました。

こちらのサイトで演奏(??)することができます。楽しいから遊んでみて



「テルミン」とは1920年、ロシアの科学者レフ・セルゲイヴィッチ・テルミンによって発明された世界初の電子楽器である。空間にかざした手の動きによって触れずに演奏される。この楽器が進化し、“シンセサイザー”が生まれたのだ。
音楽と電子のはじめての融合を実現させただけでなく、非接触で演奏するというこれまでの演奏形態をも変えてしまった。かつて耳にしたことのない調べは、当時のロシアでは、まるで21世紀からやって来た未来の楽器として、驚嘆と喝采をもって迎えられた。さらに、アメリカでも大きな脚光を浴びることになった。
また、吹いたり叩いたりというこれまでの操作から解放された独自の奏法は、耳と勘だけがたより。演奏者自身の人間性や技術がこれほどにじみ出す楽器も他にはない。心理状態が、残酷なまでに音に反映されてしまうのだ。
映画『テルミン』のサイトより、続きはこちらから
スポンサーサイト

コメント

ジミー・ペイジ

がライブで演奏…というか効果音として使っているのでその筋ではメージャーだけど、実際演奏する人は少ない。自分も入手したけどとても音楽的に使えるものではなかったのでテルミンの映画は驚き。こういうモノだったんだ…って感じかな。

◆フレさん

えー、テルミン持ってる(た?)なんて、すごくないですか?フレさん一体何者なの~(笑)。
ちゃんとした音出すのは難しそうだけど、妙に後をひきそう。

テルミン

この映画、観ましたよ。
やはり、フレさんが投稿されたようにジミー・ペイジ繋がりで観てしまいました。
ペイジが使っているのを見て私もほしぃ~って思っちゃいましたが、
思いとどまりました(笑)。

◆映画通のBonoさん

ジミー・ペイジの影響力ってすごいのですね。
私にはどうしてもUFO来襲の音にしか聞こえないんだけど、曲の中でどうやって使ったんだろう、気になる。。。

効果音だよね、やっぱ(笑)

持ってるつっても安物コピーモノが一時期出たので、それです。だかrあまっとうなモンじゃないっす、失礼♪
で、音楽的には全く使えないのでやっぱ効果音だよね。ジミー・ペイジの使い方はそうだなぁ、映画「狂熱のライブ」を見て頂く方がわかりやすいかと。個人的に好きなのは「No Quater」での一瞬だねぇ…。

◇フレさん

いえいえ、安いか高いかの問題じゃなくて(笑)。

>映画「狂熱のライブ」を見て頂く

Billy Joelを中断して、「No Quarterって変なお面のお化けが出てくるんじゃなかったっけ、、、」と思いつつ再生してみました。はっきりわからなかっとのですが、まさかあの『シェー』みたいな一瞬ですか???ジミー・ペイジって案外お茶目なんですね~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/90-8d8c219e

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。