音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-11-05 [ Sun ]
なんでなんで、なんでこれ持ってるの?
ハンドル握りながら一人、興奮の坩堝状態の師匠。

The Allman Brothers Band:At Fillmore East
At Fillmore East


なんでって、課題に入ってましたよ~。



これまで聴いた中で一番のライブ盤だということです。
そんな素晴らしいアルバムについて私ごときがあれこれ感想言うのはおこがましい気がするのでサラっといこうと思いますが、さすが、男っぽくて骨太な、渋いサウンドですね。ツイン・ギターにツイン・ドラムならではなのでしょうか。Duanさんのスライド・ギターはもちろんのこと、私的にはGreggさん奏でるキーボードも気になるところです。

◆1971年
◆このアルバムのメンバー:
Duane Allman (g)
Gregg Allman (keys, vo)
Dickey Betts (g, vo)
Berry Oakley (b)
Butch Trucks (d)
Jai Johanny Johanson (d)

Duan Allmanを知ったのは、もちろん「Derek and the Dominos」がきっかけ。まだスライド・ギターの存在を知らなかったんだけど、Laylaの後半のピアノに絡む不思議な音色のギターがとても印象深く耳に残っていました。

さておまけのYoutubeはDuanの手元に注目!

まずはM1『Statesboro Blues』。


そしてこちらは一番気に入ったM6『In Memory Of Elizabeth Reed』、12分あたりからエンディングまでが特に好きです。


最後はM7『Whipping Post』、長いのでファイルが2つに分かれています。




それにしても、20代前半でこんな演奏しちゃうって、天賦の才能にもほどがある。テニスの王子も、眠そうな顔ばかりしてないでちゃんと聞いてよね!
スポンサーサイト

コメント

オールマン!

かっこよくって好きです~。
"Whipping Post"めちゃめちゃすきです。

サザンロックってなんかよいっすよね。
Greggの声も好きです。

Lynyrd Skynyrdもなかなかですよ。

◆tackさん

兄弟揃って(他のメンバーもですが)渋いですよねー。それにサザン・ロックは性に合っているようで、すんなり耳に入ってきます。

Lynyrd Skynyrdは初めて知りました。これから要チェックです。

いいねぇ~

すごいよねぇ、ほんとにこのアルバムは。いつ聴いても鳥肌立つくらいかっこよい。誰がっつうよりもバンドの熱気がいいよね。

◆フレさん

うん、かっこいい!
これはたぶん女性が男性に感じる”かっこよさ”とは違う質のものですね、男が惚れる男っていうのかなぁ。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/88-11539435

The Allman Brothers Band - Live At The Fillmore East

 やはり本場アメリカ南部の音は違った。時代は1970年、クラプトンの望郷の彼方を手伝った男、デュアン・オールマンの属する、と言うよりも彼のバンドだったオールマン・ブラザーズ・バンドに脚光が当たったのはやは

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。