音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-10-30 [ Mon ]
いやーん、こういうの大好き!
こういうの、ってまさか。

new trolls:CONCERTO GROSSO PER I

CONCERTO GROSSO


はい、もちろんまさか、のふがふがフルートです。
Focusみたい。JETHRO TULL風ともいうかも。


でもそれだけじゃないんです。
ふがふがフルートも、ベースのオケがあってこそ映えるというもの。いかにも好みなヴァイオリンの効いたバロック調で、UliさんのMetamorphosisを髣髴とさせるM1『tempo ALLEGRO』からしていきなりノック・アウトされちゃいました。M2『tempo ADAGIO』は例えば百恵ちゃんの赤シリーズ(古すぎ)で流れそうな郷愁を誘うメロディーだしね。とにかく3曲目まではただただうっとりと浸るばかり。ジミヘンさんに捧げるというM4『tempo SHADOWS 』は、ちょっと辛いんだけど。他は概ねハートを鷲掴みされ放題。
イタリア3組目にして一番気に入っちゃったかな~。

◆1971年リリース
◆メンバー
Nico Di Palo (g, vo)
Gianni Belleno (ds, vo)
Giorgio D'Adamo (b)
Vittorio De Scalzi (g)

こちらも4月に来日公演があったのですよね。
知ってれば行ったのに!

でも、これがnew torollsだと思ってはりきって他のアルバム買っちゃダメだよ。『えー何これ?』ってびっくりしちゃうから」なんですって。そうなの?どうなの?
スポンサーサイト

コメント

こんちぇるとぐろっそ

>「でも、これがnew torollsだと思ってはりきって他のアルバム買っちゃダメだよ。『えー何これ?』ってびっくりしちゃうから」

当たりです・・・私がそうでした。

Luis Enriquez Bacalovさんが絡んでいるアルバムはOsannaの「Milano Calibro 9」や
Il Rovescio Della Medagliaの「Contaminazione」もありますが、「Concerto Grosso 1」とも少々違います。

New Trollsの実態は本アルバムの5曲目にあるかな・・・
初期とも違いますねぇ。

イタリアにはここからはまりました・・・
Concerto~N2は同系統かな~。
これはNew Trollsの中でも異色です。今は他のアルバムも気に入ってます~。

◆tackさん

やっぱりそうなのね。。。かなり激しく針が振れたんだけどなぁ。
でもM5だったら結構好きかも。今朝の通勤もこれを聞いてきました♪

これはもう

最高でしょ!イタリア~ンだし…ここから入ると凄く気持ち良いよね。好きだわ~。音もチープじゃないしよく作り込まれててこの頃のイタリアは恐いモンなしの濃密なサウンド♪

◆フレさん

うん、これ良いです。素晴らしい。一目惚れ状態。
イタリア~ンにはまるのはもう少し先にしたかったんだけどなぁ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/84-1f1218cd

New Trolls : Concerto Grosso Per I

前回のDays Of Future Passedと同じ、プログレですね。プログレはいわゆるBritish Rockの五大バンドから入りました。しかし、当時友人のT(音楽の趣味はTとしか共有できる人が近くにいない・・・)がItalian Rockなるものにはまり始めていました。ある日・・・T「そういえばさ

New Trolls - Concerto Grosso N. 1

 ユーロロックと一括りに語られることも多いし、実際自分でもユーロ系ってことでまとめたジャンルとして聴いている傾向もあって、改めてそうではないんだなぁと思い知らされながら最近はイタリアものをよく聴いてい

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。