音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-10-01 [ Sun ]
Hatが母体って聞いたけど、肝心の"リチャードさん"がいないじゃないの~。

National Health:OF QUEUES AND CURES
Of Queues & Cures


でも好き。


GILGAMESHからJohn Greavesさんがやってきて大好きなRichard Sinclairさんが抜けちゃったってことですね。確かに曲の雰囲気がHat(と言ってもThe Rotters' Clubしか聞いてないけど)に似ているかも。ジャズ・ロックっていうのですか?
もうね、M1『The Bryden 2-step(Part.1)』から「きたきたきた!」って言いたくなるような、スピード感のあるエッジの効いた曲でね。ギターのメロディーはセンチっぽいのにベースとドラムが軽やかでそのバランスにハートをキャッチされちゃいました。
そうなるともう、例えばM3『Square For Maud』の硬くて暗くて厳しい感じなんて実は全然好みじゃないはずなのに妙に後を引いちゃうし。特に後半のギターが走ってるあたりなんかぞくぞくしっぱなし。(不協和音のオンパレードはちょっと勘弁してほしいけど。)
M4『Dreams Wide Awake』はキャッチーなイントロやめまぐるしくリズムが変わる展開がかっこいい。ややもすると目立ちすぎの感がしないでもないベースも実は気に入ってます。なんかどこか(Hatの曲?)で聞いたようなメロディーが入ってくるのも気になるし。
M5『Binoculars』は粋なイントロにわくわくしているとおもむろにヴォーカルが入ってきてちょっと肩透かし。ここはシンクレアさんに登場いただきたかったなぁ。グリーヴスさんの声も悪くないけど、あんまり上手じゃなくて曲から浮いてる気がします。惜しい。でも間奏のフルートが素敵だからまあいいか。

◆リリース:1978年

◆このアルバムのメンバー
Phil Miller (g)
Dave Stewart (keys)
John Greaves (b, vo)
Pip Pyle (d)

長めの曲が多いけど、どれも変化に富んでいて音色も多彩で、全然ダレたところがないのがすごい。イギリス的なスノッブさとユーモア(6曲?目の変な呪文みたいなアカペラとか)も感じられます。1枚目のアルバム「National Health」もなかなか良いらしいので続けて聞いてみたいかな。

でもやっぱ、できればリチャードさんにいてほしい。
スポンサーサイト

コメント

なるほど~

私は1stしか聴いたことありませんが、千里さんの記事を読んで"Of Queens~"も聴いてみようと思いました。
1stは全曲好きで、購入当初はかなりはまってました。
1stの1曲目"Tenemos Roads"って曲からKnock Out!でした。

ほんのちょびっとだけ時間と心に余裕が出来たので、他にも良さげなのがあれば教えてください~。
音楽にど~っぷりとつかりたい気分です。
そんな訳で明日はタワレコへ・・・(笑)

◆tackさん

お忙しそうですね~、準備がんばってくださいね。

これ、とっても良いですよ。もう聞かれました?私も1stを聞いてみたいと思います。でもカンタベリーの中ではやっぱりCARAVANが一番かなぁ。

カンタベリーだね

二枚目よりもファーストかなぁ。コレはあんまり深みが出てこなくて聴いてない。やっぱカンタベリーの独特のポップさとジャジーさがね、心地良いんだけどさ。

◆フレさん

1stお勧め、という方が結構いらっしゃるようですので、そちらも聞いてみます。
カンタベリーって、わりと好きみたいです(あ、でもソフト・マシンはダメだったけど)。

National Healthはねぇ~

千里さん、こんにちは。
昼休み利用して書いてま~す。

National Healthは1stを所有しておりました。
今はもしかすると家のどこかにあると思われますが・・・行方不明です(ToT)
機会があったら、このアルバムも入手してみたいと思います。

カンタベリー系は所有しているのが少なく、まだまだ未開拓です。
ただ、最初にHatfield & The Northを聴いてしまったので、カンタベリーはそれをベースにしていたりもします。
Hatの話はまた別の機会に~

ではでは~

◆Ariesさん

National Healthは1stっておっしゃる方が多い!
すっごく気になるので私も聞くことにします。

Hatが初カンタベリーって一緒ですね♪私はリチャード・シンクレアが気に入ってしまいました。今日Caravanが届いたので早速きいてみます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/78-9a272322

Hatfield & The North - The Rotter's Club

 先にEggというバンドを書いておかなければいけなかったのかな。でも、まあ気分的に盛り上がったのでやっぱりカンタベリーロック随一の名盤と呼ばれるHatfield & The Northの「The Rotter's Club」を聴きたくなっ

National Heallth - National Heallth

 カンタベリーロックという一大ジャンルを形成してしまったシーンの深さは現代に至るまで脈々と続けられていて、その誰も彼もが貧乏ミュー...

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。