音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-24 [ Sun ]
なんか、どうも、苦手だったんですよね。
ミック・ジャガーが。

The Rolling Stones:Let It Bleed
Let It Bleed


たぶん音楽そのものとは関係ない部分も含めて。


食わず嫌いって訳ではないのです、そういう意味ではDavid Bowieと同じで、たまたま聞いたことのある曲が好みに合わなかったのかな、とも思うんだけど。確かにアルバム1枚通して聞いたこともなかったし。

なもので、「ストーンズ、聞かないの?」と言われても笑って誤魔化しつつ拒否していたのですが、この間持ってきてくれたこのCDのジャケットがあんまりおいしそうだったので、ついつい手が伸びてしまった。。。そして案の定、借りてから聞くまでに2ヶ月近くかかってしまった。。。

で、覚悟を決めて家で一人になって少し大きめの音で聞いてみたのです。(←これ、重要。)

そしたら、あらら。
想像に反してブルージーな曲が多いじゃないですか、そして好きじゃないはずのMickの声が全然気にならない(Yesを聞いた後だから?)どころか、曲にマッチしてなかなか素敵、とか思ってしまう。

M2『Love in Vain』は、どこかで聞いたことがあると思ったらRobert Johnsonのカバーなんですね。アレンジ変わってかなり洗練されて、ロマンティック。渋いベースで始まって間奏のサックスとピアノの掛け合いも軽快なM4『Live With Me』、肩の力が抜けたようなダルさが心地よいM6『Midnight Rambler』、曲のかっこよさとタイトル・歌詞の内容があまりにミスマッチなM8『Monkey Man 』とか、全体的に結構好みかも。
ともかく、南部っぽいというかカントリーっぽいというかかなり渋くてかつクールで、私の中のストーンズのイメージを見事に裏切ってくれた1枚でした。
*というか、そもそも黒人のブルースが彼らのルーツなのですね。
 それは知らなかった。
 だからこのタイトルも”Let It Bleed”な訳?

◆リリース:1969年

ブライアン・ジョーンズが脱退して最初のアルバム、だそうです。(『Midnight Rambler』と『You Got The Silver』には参加しているらしいけど。)
結成は1963年、43年も続いているなんてそれだけですごい。

でもでも、これでストーンズを好きになるかというと、また別の問題のような。
スポンサーサイト

コメント

いいっしょ、これ?

別に全部聴かなくてもこの周辺だけ聴いとくといいかもね。コレは特に良い作品♪

◆フレさん

はい、なかなかいいっすね♪もっとにぎやかなイメージだったのですが、これは違いました。40年分たどるのは大変ですが、この辺は聞いてみようかな。

初期の傑作!

このアルバムいいでしょ?(笑)
(フレさんと同じコメントしちゃってます ^^;)
60年代の彼らのアルバムの中でも、
これは最高傑作じゃないかと思います。
後は、トイレのジャケットで有名な
「BEGGARS BANQUET」 かな?
(「悪魔を憐れむ歌」が入っています。)

◆Bonoさん

いいっすね♪ ってこれも同じレスだったり(笑)。

「悪魔を憐れむ歌」って聞いたことないかも。(きっと有名な曲なんですよね?) タイトルには興味をそそられるので、今カンタベリー地方に出かけてますが、戻ってきたらちょっと聞いてみたいかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/76-4b630c11

LET IT BLEED / Rolling Stones

ある意味では、2000年よりも "世紀末" といえるストーンズ1969年リリースの傑作!オルタモントの悪夢によってウッドストックの張りぼての平和も崩壊し、行き詰まりの見え始めたベトナム戦争がより終末観を煽っていた時代...。そんな中でストーンズもまた、ブライ

The Rolling Stones - Let It Bleed

 1969年、今や大御所となったストーンズも動乱の時期を迎えていた。バンドのリーダーでもあったブライアン・ジョーンズはヤク漬けになっていて全くその才能が使い物にならなくなっていた時期、そして次なるギタリス

 | HOME | 

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。