音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-08-10 [ Thu ]
これはこれは。。。

David Bowie:Ziggy Stardust
Ziggy Stardust


師匠と友人とゴルフに行った際友人がかけてくれたコンピレーション・アルバムを聴いていて「あ、これいいねー♪」と思ったのが意外にもBowieの曲。
それって私的にはありえないはずで、だってLet's DanceもChina Girlも、Under Pressureすら(はやった当初から)受け付けなかったし、テレビのBowie特集見ても辛くなってチャンネル変える位だし。

でも「その曲が入ってるアルバムさ、かっこいいから聞いてみなよ。Bowieの印象が変わるかもよ。」とこの「Ziggy Stardust」を貸してくれたものだから、何はさておき聞いてみたんだけど。

うーん、微妙。

まずはあんなにいいと思えた曲が一体どれなのかわからなくなっちゃってた。たぶん、M4『Starman』だと思うけど。切ないメロディーとバックに流れているヴァイオリンがポイントだった気がするし。
他に似た系統でピアノが効いているM3『Moonage Daydream』、ひたすらかっこいいM8『Hang Onto Yourself』、M10『Suffragette City』、アコギが渋いM11『Rock 'N' Roll Suicide』もかなり好き。それから『Lady Stardust』と『Ziggy Stardust 』のアレンジ違いも興味深い。(いや、その前にどこかで聞いたことがある!)

気に入った曲が圧倒的に多いのに、なのに何度も繰り返して聞く気になれないのはなんでだろ。FloydやCrimsonだって、よくわからないながらも、20回位はリピートするのに。

Bowieだと思って聞くからいけないのかな。
先入観に邪魔されているのかな。

◆1972年リリース

スポンサーサイト

コメント

なるほどー

ちょっと感想にてるかもー。

ROXYのブライアン・フェリーもそうなんですが
ボウイもあの独特の声質が、実は私は苦手系。
でも曲が好きで聞くのですが、何度もは聞けない。
(まさに、曲が単調;でも聞けてしまうフレディーの真逆)

Under Pressureはけっこう好きなんだけど、
千里様はダメでしたかぁ。・・・

◆ねーさま

やっぱり声って重要ですよねー、歌い方も含めて。
私にとってはガンズのアクセルさんもその部類なんです、、曲は好きなのに惜しいなぁ。
面白いと思うのは、声の好き嫌いを言う男性があまりいないことなんです、女性に強くみられる傾向なのかしら。

Under Pressureが流行ったのはは高校生の頃だったのですが、当時からNGでした。前奏はよいのですが、途中から???となってしまいます。

んもう~最高の傑作品♪

どれもこれも素晴らしい曲ばかり。特に「Starman」とか「Moonage Daydream」、「Lady Stardust」「Rock'n Roll Suicide」…などなどはメロディが美しくて良いよ~~

◆フレさん

好みの曲が合っていますね~♪TBしていただいた記事を改めて読んでみて、フレさんの思いの熱さに感じ入っておりまする。
私も曲はいいなぁと思ったのです。やはり声なのかしら。誰か別の人が歌ってくれないかな。

残念ですね

声に抵抗がなけりゃ、bowieは名曲だらけです。
このころの声は甲高くて特にキモチワルイと言う人が多いのかも知れないですが、90年代以降の最近の声はかなり落ち着いていると思うから、多少は違って聞こえるとは思いますが、肌に合わないものは無理して聴けませんねえ。
私は、日本人のこの手の誤魔化しボーカルに寒気がします。
ボウイの場合は下手なのを誤魔化しているわけじゃあないですけどね。

関係ないけど、この月夜の背景、カーソルに反応して星が流れるんですね。
すごい。

◆こぶしさん

星、きれいでしょ?ちなみに月の位置もカーソル操作で移動できるので、遊んでみてください♪

このアルバムを聞いてBowieのイメージが少し好転しました。声(歌い方も含めて)を理由に聞く気になれないのは確かにもったいないですよね、、、、かといって努力して克服できる類のものでもないのでもどかしいところです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/62-28bfe456

David Bowie - The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars

 超メジャーなアンダーグラウンドアーティストと自認しているデヴィッド・ボウイ、本ブログ3度目の登場となるが、ルー・リードとの交流が盛んだった1972年はボウイが最も活動的な年で、名曲「All The Young Dudes」

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。