音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-01-09 [ Mon ]
ツイン・リードギターの元祖、登場♪

Wishbone Ash:Argus(百眼の巨人アーガス)
Argus

完全な"ジャケ買い"です。
しかもまたまたバカ丸出し。
はい、お察しの通り、Star Warsのサントラと間違えたのです。

「これはね、『百個の目を持つ巨人アーガス』の伝説をモチーフにしてるんだよ。だからジャケットはダースベイダーじゃないから。マントも赤いし持ってるのはライトセイバーじゃなくて槍でしょ。ちょっと見ればわかるだろ?」
とあきれ顔ながら"子供を諭すかのように"親切に解説してくれた師匠。できの悪い生徒ですみません。
 アーガス(アルガス)はギリシャ神話に出てくる、眠らない巨人。(目が百個もあるから一度に全部閉じられないんですって。)ヘラの僕としてゼウスの浮気相手を見張っていたんだけど、ついにはヘルメスに倒されてしまうという悲劇の主だそうです。

と、そんな話はおいておいて。

ギターです、ギター。
ギター音痴の私がしびれる素晴らしさ。
それを引き立てるベースとドラム、そして済んだボーカルとコーラス。
ブルーズっぽかったりR&Bっぽかったりもするんだけど、その根底に一貫してブリティッシュ・トラッドを感じさせてくれるメロディーとドラマティックな曲の展開。
きれいで複雑で変化に富んでいてハードなんだけどノーブルで、飽きないというより聞けば聴くほど夢中になっていく自分を発見。この良さを表現する言葉を持ち合わせていないのが悔しいです。

全部良いのですが、あえて一番好きなパートをあげるとするとM2「Sometime World」の後半。
Bad Finger風の前半から一転、インストメインになったところのギターとベースとドラムの絡みがものすごい緊張感と疾走感を体験させてくれます。

M3「Blowin' Free」はノリノリの1曲。途中スローダウンするんだけど、それも後半の畳み掛けるようなノリの前の一瞬の静けさ。ソロの後に入ってくるスライドっぽいギターの音色にはうっとりしてしまいます。

M1「Time Was」もフォーク調の前半からノリのよいロック調の後半へのドラマティックな展開がかっこいい。

M5~M7の、メランコリックな曲の流れもグッときます。

やっぱり全部いいなぁ。

Bonus TrackのM8「No Easy Road」は軽快なロックン・ロールで、他の曲とはテイストがかなり違います。
基本的には大好きな路線なんだけど、このアルバムには入ってなくてもいいかも。
Blowin' Free」のシングルB面だそうです。
(このカップリングには超納得。)

1. Time Was
2. Sometime World
3. Blowin' Free
4. The King Will Come
5. Leaf and Stream
6. Warrior
7. Throw Down The Sword
8. No Easy Road

◆このアルバムのメンバー
Andy Powell(g,vo)
Ted Turner(g)
Martin Turner(b,vo)
Steve Upton(ds,vo)

◆リリース:1972年

このグループについては、少し調べたところではあまり情報が入手できていません。
一時活動休止というか解散状態だったらしいのですが、メンバーの交替はあるものの今また活動中とのこと。
来日したりしないかなぁ。



この記事へのトラックバック

1. Wishbone Ash / Wishbone Ash [ 電車で轟(GO)! ] January 09, 2006 20:14
ツインリードといえばWishbone Ash。Wishbone Ashといえばツインリードとイメージが出来上がっています。私にとってはあまり馴染みがないバンドではあるのですが、学生時代の先輩であったMさん(だったかな?)が部室でよく聞いていたので、ほのかなる記憶があります。 Allma...

2. 百眼の巨人アーガス [ ROCK ANTHOLOGY BLOG ] January 12, 2006 21:31
最近、バイオ4にばっかり気が行ってるから、肝心の洋楽の方はおろそかになってるこのブログ。たまにはアルバムの事も書いとこうかな。という事で、今日はこのアルバムの紹介です。 WISHBONE ASH / ARGUS ウィッシュボーン・アッシュ / 百眼の巨人アーガス Tracks...

3. Wishbone Ash - Argus [ ロック好きの行き着く先は… ] March 22, 2006 22:41
 たまにはド真ん中の名盤を切ってみようかな(笑)。いや、ちょっと前から結構ハマって聴いていたんだけどなかなか登場する機会がなかったので、今なら良いかな、ってことでベタで
スポンサーサイト

コメント

コメントありがとう♪


1. Posted by なるもにあ January 12, 2006 00:21
今日は企画ご参加ありがとうございました!すっごく嬉しかったです。
(弟さんとのエピソードも素敵でした!)

懐かしい!!名作登場ですね〜!!
JKカッコイイですよね♪(SW・・・なるほど・・・;
で、レビューが素晴らしい!

私はアルバム所有してますが、実は
プログレ?ギターも渋いなぁ、という感じで
いまいち聞き込んでいなかったのですが、
今日、この記事を読んでまた聴いてみたくなりました。引っ張り出さねば。
>M5~M7の、メランコリックな曲の流れ
なるほど!!と思わず声にでちゃいました(笑)

うん、千里様、凄い!!

2. Posted by 千里 January 12, 2006 12:07
◆なるもにあさん

なんか熱く語りすぎちゃったかも(笑)。

実はこのアルバム、半年前に一度聞いているんです。
で、その時はたぶんなるもにあさんと同じような感じだったのですが、その後何故かずっと気になっていて、今回改めて借りてみたらはまったということなんです。

せっかくご所有されているのでしたら、是非是非再挑戦してみてください♪

3. Posted by sy_rock1009 January 12, 2006 21:37
こんばんは!
トラックバックありがとうございました。
それと、こちらもトラックバックさせて頂きましたよ。

またコチラに顔を出す事があるかも知れませんが、その時はよろしくお願いします。

4. Posted by 千里 January 13, 2006 15:30
◆sy_rock1009さん

ご来訪ありがとうございます。
私もまた伺わせていただきます、これからもよろしくお願いします。

5. Posted by フレ@ロック好きの行き着く先は?… March 22, 2006 22:41
どもども♪やってまいりました♪トラバもばっちり貼っておきますね。senriさんの記事はどれも思い入れがあって良いと思いますし、好感持てますよ。いい加減な思いで書くと結構バレますので(笑)。いや、ウチもあるんですが…。でも、このアルバムは目が覚める美しさがありますよね。絶対聴いたらハマる壮大さが良いです。

6. Posted by 千里 March 23, 2006 00:43
◆フレさん、

わーい、TBにコメントまで、ありがとうございます☆
フレさんのこの記事、ここに来てくださる他の方にも紹介したいなぁ、という気持ちからのお願いでした。

私はアルバムを聴いた後自分の感じたことを言葉にするまでに時間がかかってしまって(なかなかドンピシャな言葉が出てこない)、そして時間がかかる割にはろくな表現ができなくて毎度情けなーい気分になるのですが、共感していただいたり、反応していただけるのが励みになっています。

これからもよろしくお願いします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/52-fbd64b58

Wishbone Ash ~Warrior~

orign 1972とんでもない時間に目覚め(AM5:00)たので、"Argus"を聴く。

 | HOME | 

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。