音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-10-09 [ Sun ]
計らずも私がプログレなる難解な音楽を学習するきっかけとなってしまったバンドです。

Gryphon:Treason


イギリスの王立音楽院出身のリチャード・ハーヴェィさんが中心となって1971年に結成し、77年には解散、その間5枚のアルバムがリリースされています。

中世的なメロディー、そして不思議な音色の楽器(ピッコロ的な、チェンバロ的な、カスタネット的な、何か)を多様したかなり個性的な曲調が、聴けば聞くほど病みつきになる(はず、なんだけど)のこのGryphon、私は勝手に「不思議の国の音楽隊」と呼んでいます。
 *初めて聴いた"プログレ"がこの人達なので、CrimsonやGenesisを聴いてあまりの違いにぶっとんでしまいました(笑)。

その彼らの最後のアルバムが今回もらった「Treason」です。
 *CDは廃盤になって久しいらしく入手が絶望的、これは中古レコードショップをめぐってようやく手に入れたLPを一旦PCに取り込んでからさらにCDに落としたお宝だから大切にするように、と厳命されています。


これまで聴いたのは3枚目のRed Queen to Gryphon Three、4枚目のRaindanceなのですが、5枚目のこれを聴いた感想はなんだか普通だなぁ。という、「あなたナニサマ?わかって物言ってるの?」というナマイキなもの。
もちろんこれだけ聴けば十分"不思議の国の音楽"なんだけど、Gryphonとして聴くには少々物足りなさを感じてしまう。ということは逆に、普通に聞く分にはかなり聴きやすく(メロディアス&ポップな感じ)なっているということ。
これはこれで好きです。
ほのぼの・ほんわかした気分になりたい時に聞くにはよいかも。
決してヒトサマにオススメはしませんが。

スポンサーサイト

コメント

コメントありがとう♪

早速やってきました (onikobu)
2005-10-10 01:05:04

ほんとにプログレは初心者でらっしゃるんですね。
クリムゾンが暗くてイエスとジェネシスもいまいちというのであれば、残るはELPでしょうか。ピンク・フロイドはかなり困難と思います。というか、プログレを無理に聴かない方がよさそうな気もしますけど。
グリフォンは私は3枚目までしかもってませんが、ファーストに比べると、3枚目はもの凄く普通です。ファーストは、中世の音楽みたいですよ。グリフォンは、そんなに私の好みじゃないですけど。


☆onikobuさんへ☆ (千里)
2005-10-10 11:23:55

おはようございます、いらしてくださってありがとうございます。
あまりの初心者&無知ぶりをさらけだしていてお恥ずかしい限りです。

女性が中心メンバーになっているプログレのバンドって、ほとんど無いそうですね。もしかしたら何か越えがたい男女の壁のようなものがあるのかも。私も今は確かに、少し無理してがんばって聴いている状態です。
ただ、難しいとか暗いとか思ってもそれが即キライという訳でもないので、もう少し聴いてみようと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/35-54b01254

 | HOME | 

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。