音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-18 [ Sun ]
なんだかんだ言って結構聴いているのです。

Free
-Tons of Sobs
-Free
-Fire and Water
-Heartbreaker


Free 去年の「Queen+Paul Rodgers」来日コンサートを機に聴き始めたFree。最初にセカンドアルバムのFreeを聴いた時は、とにかくPaulの声がQueenの曲に合うかどうかばかりを気にしていました。でもって、太くて艶があって低音の伸びがよいPaulの声はBrianの作った曲には合うだろうなということがわかって安心してみたり、でもちょっと演歌っぽい感じもするからFreddie作の曲にはどうかなぁと心配してみたり。何度か聴いているうちにギターもよいなと思ってみたり。まあ結構気に入ったわけです。

Heartbreaker ところがこのアルバムにはライブのセットリストに入っている曲がないことに気づいて慌てて買ってきたのがHeartbreaker。アルバムについての予備知識もなく、たまたま良くいく店にBonoさんに勧めていただいたこれが置いてあったから選んだだけなんだけど、ライブで演奏されそうなM1「Wishing Well」は、聞いてみたら出だしのギターもかっこいいしメロディーも好み、M4「Heartbreaker」もタイトル通り胸をチクチク刺す感じがよいのよね。でもそれを告げた師匠に「悪くないと思うけどさ、Kosoffが抜けた後だからイマイチなんだよ」と渋い顔されてちょっと悲しかったり。ところでKosoffって誰?ってこの時初めてかの有名ギタリストを認識したのでした。

Tons of Sobs で、その後ライブに行って「やっぱりBrianのギターはいいわぁ」なんて悦にいってるところに貸してもらったのがデビューアルバムTons of Sobs。この時まだメンバーがみんな10代だったと知ってびっくり。ひとつはPaulの声、10代でこの声はやばいでしょ~。もうひとつは曲の渋さ。この前に聴いた2枚ももちろんそうなんだけど、ブルースっぽくてかっこいいんだけどはじけた若さを感じないというか華やかさに欠けるというか、私には地味なのかも、やっぱり通好みなグループなんだわ。ってちょっと気持ちが離れ気味になってしまったのでした。

Fire and Water Kosoffさんの泣きのギターをなかなか認識できないでいるところで「Back Street Crawler」を借りて、今度は一気にKosoffファンになってしまったなんとも単純な私。改めてTons of Sobsを聴きなおしてみたけれどそれでもやっぱりピンとこなくて、ここは名盤を聞いて認識を新たにしようとFire and Waterを入手。「All Right Now」はあんまり好きな曲じゃないんだけど、M4「Heavy Load」からM5「Mr. Big」、M6「Don't Say You Love Me」が思いがけずかっこよくて、聞いてみてよかったな。

Paulはもちろん上手いと思うし曲もよいんだけど、若い頃は声がまだ生々しすぎて、こういう地味目で渋い曲と組み合わさるとなんかこう、背中がもぞもぞするような感覚がしてしまうのでした。もっとアクの強い曲や音と組み合わさった方が引き立て合うのではないかなぁ。
そういう意味で、Queenとの組み合わせは(私にとって)バッチリだったんだわ。


この記事へのトラック・バック

1. Free - Tons of Sobs [ ロック好きの行き着く先は… ] June 21, 2006 20:48
 A Happy New Year! 明けましておめでとうございます。いつも見に来られている方々全てが今年も良い年になりますように。そしてロックに邁進しましょう~(笑)。  そんなことで挨拶もそこそこにして、年む
スポンサーサイト

コメント

◆コメントありがとうございました◆


1. Posted by フレ@ロック好きの行き着く先は?… June 21, 2006 20:50
良いものに出会ってますね♪
じっくりと何回か聴いていくウチにあのもたつき感が凄く心地良くなるので気が向いた時に何回か聴いてみると良いバンドだね。一音一音が心に染み渡るんですよ、ほんとに♪

2. Posted by 千里 June 22, 2006 08:43
このバンドの曲って、1、2回聞いただけでは良さに気付かなかったフレーズやパートが何度か聞いているうちにじわじわと胸に迫ってくるようになったりするのですよね。不思議です。
本文にも書きましたが、「Fire and Water」の3曲は特に好きなので、これからも聞いていくと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/3-c93e8cbc

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。