音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-03-04 [ Sat ]
参りました、降参です。



予定には入っていなかったんだけど、たまたま持ち合わせていたというこのアルバムを借りてきてみました。
名前は知っていたし、CARAVANの兄弟グループというので楽しみにしつつ聞いてみたのですが。

むむむ?


1曲目のしょっぱなから厳しいものを感じ、それでも2曲目はよいかも、3曲目こそ!と聞き進んでいったのですが、結局ピンと来ないばかりかむしろ辛いばかりで。


無理でした。


途中「あ、この辺がカンタベリー?」なんて思う瞬間もあったのですが、それもつかの間。あえなくギブアップです。
ジャズの中でも私の苦手な要素が強すぎるようです。

あーあ、まだ早かったかなぁ。

◆1970年リリース
◆このアルバムのメンバー
Mike Ratledge (keys)
Hugh Hopper (b)
Robert Wyatt (d,vo,keys,b)
Elton Dean (sax)
Rad Spail (violin)
Lyn Dobson (flute,sax)
Nick Evans (Trombone)
Jimmy Hastings (flute,b,clarinet)
スポンサーサイト

コメント

◆コメントありがとうございました◆


1. Posted by フレ@ロック好きの行き着く先は?… March 09, 2006 23:49
久々♪復活?ガンバレ~!

2. Posted by 千里 March 10, 2006 08:50
おかげさまで少し心に余裕がでてきました。
そろそろ新しい宿題ももらってきます。

>ソフト・マシーンの「Third」アルバムは2枚組全4曲の収録なんだけど、C面に収められたワイアットの「Moon In June」の美しいこと

TBしていただいた記事のこの部分を読んで、もう1回チャレンジしてみようという気持になりました。
あとで感想を追記します!

3. Posted by こぶし March 18, 2006 15:50
キャラバンの他のアルバムは『グレイとピンクの地』より、どれも随分落ちると思います。
シンクレアが抜けた後は、とにかくボーカルの下手さ加減に腰が抜けますから。
ソフトマシーンはカンタベリーの元祖だけど、女性には向かないですよねえ。
ワイルド・フラワーズってバンドがソフトマシーンとキャラバンに別れたわけですが、優しさと聴き易さはすべてキャラバンに行っちゃって、ソフトマシーンは男のバンドって感じになりましたから。
最初の2枚はそうでもないですが、ともかく、ワイアットが冷遇されてからのソフトマシーンは冷たいジャズ的なバンドになりましたもんね。
うちの嫁さんなんかも相当嫌いみたいです。

4. Posted by 千里 March 19, 2006 21:36
◆こぶしさん、

シンクレアさんの声が大きなポイントなので、ボーカルが変わってしまったとなるとモチベーション落ちますね、、、、今日夜毎に太る女、借りてしまったので、ボーカル以外に好きな要素があるのか検証してみます。

>ソフトマシーンは男のバンド

おっしゃるとおり、ですね。
この記事の後もまた聴いてみたのですが、「好き」という感覚は沸いてこないので、無理に聞くのはあきらめようかと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/28-63a623d6

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。