音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-19 [ Wed ]
たまにはこういうのも、聞くのですね。

Newton Faulkner:Hand Built By Robots
Hand Build By Robots

問題は、聞くシチュエーション。


夏休みの宿題以来のゴルフ、往復の車中ではいつものごとくいろいろなアルバムを聴かせてもらったのだけど、到着予想時間から逆算してラスト1枚かなー、というタイミングで「これ、結構いいよ」と勧められ、この一見してわくわくするような摩訶不思議なジャケットから短絡的にタイフォンみたいな音、つまりちょっと軽めのプログレっぽいのでは、と想像しながら聴いてみたら全然違って、
これって師匠が選ぶとは思えない、絶対私系だよね
と主張したくなるような音。
オーガニック・ロックと呼ぶらしいんだけど(オーガニック・ロックって何?)、ちょっと前にはまったShawn Mullinsとか、最近でいうとYou're Beautiful のJames Bluntとか、かなぁ、敢えて例えると。ハスキーな声にシンプルなアコギが奏でるキャッチーでちょっと甘いメロディ。夕暮れ時から夜にかけて流すのにぴったりなような、そんな感じ。

「それはよくわかんないけどさ、ベストヒットUSA見ておっと思って、雑誌で調べたらタッピングが凄いっていうから買ったんだけどね。」
「そうなんだー、女子はこういうの好きよー。ドライブの必需品よー。タッピングの凄さはちょっとよくわからないけど。」
「じゃあタッピングとか気にしないで、好きーと思って聴ければいいんじゃん?」
「いやもう、そうしてるけど。ちょっとやられちゃいそうで危険キケン。」

◆2007年リリースの1stアルバム

私的には捨て曲なし、師匠的に「サビに合わせて取ってつけて作曲したみたいでイマイチ」だというM8『Gone in the Morning』も「それを補って余りあるほどサビがよい」から、楽々合格。
ダントツ気に入っているのはM5『Dream Catch Me』。タイトルはださいけど。1回聴いたら耳から離れないキャッチーなメロディーの、中でもサビに入るあたりが特に好きです。あとはM14『U.F.O.』、こういうイメージの男の人が好きなの、きっとわからないと思うけど、全体的に余裕があって、小気味よく歯切れもよく、ユーモラスなところとロマンティックなところを合わせもってる、みたいな。
1/3位はバラード系なのですが、これは聞く場所選ばないと大変です。それくらいうっとりきちゃう。

翌日早速お買い上げ。日本盤はジャケットが違っててショック。。。
Newton Faulkner
と思ったら、一皮むいたその下に、オリジナルのジャケットが隠れてました。よかった。
スポンサーサイト

コメント

明けましておめでとうっ!

A Happy New Yerar!
今年もよろしくお願いします!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/258-7672a087

 | HOME | 

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。