音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-05 [ Wed ]
最近更新頻度ががた落ち。。。

Scorpions:Taken By Force
Taken By Force

10月にまた組織が変わって、残業時間も多いのだけれど、早く終わって会社の外に出ても頭がなかなか切り替わらなくて、なんだかワーカホリックの人みたいでやれやれな毎日なんだわ、これが。


割と気が多いように思われがちなのだけど、好きになったら割と一途。長持ち。飽きない。それが、他に気を取られることができちゃうと、憑き物が落ちたかのように気持ちが向かなくなっちゃうという、まさに女心と秋の空を地でいくような性分のようで、今ちょっと、そういう状態にあるのかも。夏以来、音楽に限らず、飲みに行くのも、テニスも、ゴルフすらも、なかなか気が向かない日々が続いていたのですが、11月に入ってちょっと余裕ができてきて、ようやく元のリズムを取り戻しつつあるかな。

◆1978年リリース
◆メンバー:
Rudolf Schenker (g)
Ulrich Roth (g)
Klaus Meine (vo)
Francis Buchholz (b)
Herman Rarebell (ds)

気を取り直して初ドイツ。Uliさんが在籍した最後のアルバムとのことで心して聞きました。いやいや、変幻自在というか圧倒されます。
最初の曲はいきなり工事現場か?というような音で始まったのでちょっとびっくりしたけれど、M5『The Sails Of Charon 』やM7『He's A Woman - She's A Man 』あたりのギター、めちゃくちゃかっこいい。

なんだけど、なんていうか今ひとつ垢抜けないところがあるのがなんかドイツっぽい、って言ったら言い過ぎかしら。
スポンサーサイト

コメント

久々~

忙しそうですねぇ~。リアルな生活からの逃避先がブログだったり音楽だったり・・・。マイペースで進めていくしかないっすね。最近静かだったのでどしたのかな?などと余計な心配もしてしまいますが、是非是非またロックで頑張って下さい♪
ん?スコピ初期?ウリさん…、個性的ですが、このアルバムはちと垢抜けないってのわかる(笑)。

◆フレさん

忙しいことは忙しいのですが、なんと言うか、隙間時間の使い方がちょっと変わった、という感じかしら。。。ご心配おかけしちゃってすみません。

スコーピオンズはちょっとイメージ違ったかなぁ、BMWかと思ったらOPELだったみたい。ってこういう例えはいけないか??

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/255-8044e053

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。