音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-25 [ Fri ]
”あされーんだ、朝練だ~♪”

Rainbow:Difficult to Cure
Difficult to Cure


当時、キャプテンから「明日は8時集合!」の声がかかると、タジマ君(野球部で軽音楽部)がこう歌っていたのが、とてもとても懐かしく思い出されます。。


ボーカルが3人目のジョー・リン・ターナーさんに変わったアルバム。
以前会社の(パープルとレインボーが大好きな)オニイサンが「レインボーならジョー・リン・ターナー」と言っていたし、レインボーで唯一知っていた曲『I Surrender』も収録されているし、期待値はちょっと高めだったのでした。

◆1981年リリース
◆メンバー:
Joe LynnTurner(vo)
Ritchie Blackmore(g)
Don Airey(Keys)
Roger Glover(b)
Bob Rondinelli(d)

何回か流して聞いた時点では「やっぱI Surrenderだけで十分って感じかなぁ。」というような印象だったのだけれど、いざ感想書こうとしてじっくり聞いてみると、M2『Spotlight Kid』のギターソロとかM3『No Release』の疾走感とかM6『Can't Happen Here』のメロディーとか、どれもなかなかいい感じ。
コージーさんが抜けたというのでドラムはどうかと思ったのだけどれ、正確でクリアな音ででも目立ちすぎず、かなり好きなタイプ。ドン・エイリーさんの鍵盤も、ところどころでピリっと効いてて前に聞いた数枚とは感じが違う。
そして肝心のジョーリンさん。このアルバムになんだか演歌ちっくなムードが漂っているのは、彼のビブラートのせいかなぁ。それは置いておくとしても、よりアメリカっぽくポップになった曲たちによく合う声みたい。歌の上手さは三人それぞれだとして、男前度はこのジョーリンさんが一番じゃないかな。

とりあえず、ボーカル3人聞いて押さえるべきアルバムは押さえたかな、というところでレインボーは一旦修了としておきます。聞く前と後で印象はあまり変わらず、自分がもっと若ければはまれた部分もあるのかな、と思いつつ、「リッチーのギターは上手いけど、あんまり好きじゃない」というのも、なんとなく理解しつつ、でもグラハムさんの声と外見は、やっぱり私には違うわ~という締めくくりとなったのでした。
スポンサーサイト

コメント

うんうん…

そしてレインボウはアメリカンなバンドになるのであった…。
若ければ、っていう下りには非常~に納得します。でも、今からだとちょっとそこまで行けない~ってのあるもんねぇ。

◆フレさん

>そしてレインボウはアメリカンなバンドになるのであった

そうですか、、、ではここで打ち切りでよいのですねー。
大体この年になってくると「降参!(I Surrender!)」って言いたくなるような場面に出会うこともなくなってきて、それはもう、そこまで行けないのも当然というか寂しい限りというか。。。。(笑)。

む~

ジョーリンのRainbowも好きな曲結構あるのですが、アルバムは苦手。
理由は良く分かりませんが、1枚通して聴けない。

なぜだろう?
やっぱり、RainbowはRising・・・となってしまいます、私は。

◆tackさん

あら、私はジョーリンさん、結構好きですねー。ちょっと喉にひっかかるような声の出し方がよいです。ただアルバムとしてはポップで単調なところもあるから、それで通して聞くのは辛いのかも??

Risingがよいというのは、同感です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/251-2828db0a

森部昌弘:ピッチング・スピードアップ!プログラム

体を壊さず飛躍的に効果が出せるトレーニングで投球速度が10km/hアップが目標!!『少年からプロ』まで、誰が実践しても総合的に、そして飛躍的に結果が出る内容

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。