音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-14 [ Thu ]
Stingかっこよすぎ~。

Police Live in Concert 080214


青い瞳にみつめられて(スクリーン越しだけど関係ない!)失神寸前?


The Police、27年ぶりの来日コンサート最終日@東京ドームに行ってまいりました。

予習もそこそこだったし、出発ギリギリまで仕事に追われてしまって気持ちをイベントモードに切り替えきれないままだったし、入場してみたら席はいつもと違ってアリーナの右端のあたり、スピーカーの外側だしステージはあまりに遠いし「なんかイマイチかも~」な気分で迎えた開演。なのにBob Marleyの曲が流れてきたところで突如盛り上がってしまった現金なワタシ。。。

大人で渋い雰囲気の2時間でした。客層は想像通り、自分が若い方に分類されるような居心地のよい年齢構成(笑)。そのせいか歓声や手拍子はそんなに大きくなくノリ切れないところもあったけど、じっくり聞くにはむしろ丁度よかったのかも。ともかく最近行ったライブの中では一番落ち着いた雰囲気でした。

サポートメンバーもコーラスもない、本当に3人きりのステージ。シンセも使っていなくて、なのになんでこんなに厚くてどっしりした音になるのか不思議。もう少しこじんまりした会場で聞けたらもっとよかったかも。

映像と光の使い方が素敵でした。迫力があったり工夫があったりひたすらきれいだったり、曲と場面によって違ったけど、これは「ドームでよかった」と思える点のひとつかも。

Sting、Sting、Sting
とにかくかっこいい~、シビレっぱなし。大きなスクリーンにアップになる姿を見られただけでもう大満足。56歳になって大人の魅力と腕の筋肉が増して、小さな青い瞳とちょっと金属的な響きのあるハイトーン・ボイスは相変わらずで、ひたすらドキドキしてました。張りも伸びも声量もばっちりだったけど、やはり高い音はキツイのか肝心なところをキーを下げたアレンジに変えて歌っていたのがちょっと残念。ヴォーカルとは裏腹、塗りがはげかかった年季の入ったベースは職人のようにしっかり弾いていたのが印象に残っています。

凄腕Stewart
CDを聴いている時はそんなに感じなかったけれど、素晴らしいキレと迫力でした。
Wrappd around your finger』や『King of pain』ではドラムセットだけではなく大きなドラやパーカッションのセットも使っていて目が釘付け。あの"キンコンカン"のセット、ほしいなぁ。

がんばれAndy!
65歳だとは思えない若さ(但しおなかとあごは別)。ギターは「時々指が動いてなくて心配した」と言うようなところもあったらしいけど、ギターについては全くの素人なのが幸いして見てもわからないし、音が割れててあまりアラが目立たなかったかな。>ってそれでいいの?

Set Listは8~9割方知っている曲でした。残念ながら期待していた「Syncronicity I」、「Murder by Numbers」、「Truth Hits Everybody」は演奏されなかったけど、構成・流れとしては文句のない内容でしょう。

  1 .Message In A Bottle
  2. Synchronicity II
  3. Walking On The Moon
  4. Voices Inside My Head/5. When The World Is Running Down
  6. Don't Stand So Close To Me
  7. Driven To Tears
  8. Hole In My Life
  9. Every Little Thing She Does Is Magic
  10. Wrapped Around Your Finger
  11. De Do Do Do, De Da Da Da
  12. Invisible Sun
  13. Walking In Your Footsteps
  14. Can't Stand Losing You/15. Reggatta De Blanc
  16. Roxanne

アンコール 1
  17. King Of Pain
  18. So Lonely
  19. Every Breath You Take

アンコール 2
  20. Next To You

オープニングから『Message In A Bottle』、『Synchronicity II』と続いていきなり自分的ボルテージは最高潮。音響の調整がイマイチだったのか、出だしがきちんと聞き取れなかったのが惜しい。。。

アルバムとはアレンジを変えた曲が多かったけど、『Don't Stand So Close To Me』のサビ、あれはないなぁ。「さあ来るぞ!」と待ち構えたところに中途半端に下げたキーで「↓↓Don't Stand~、Don't Stand so~、Don't Stand so close to me~↓」って、どんだけ肩透かし?って感じ。リアル・タイムで知ってた数少ない曲なのに本気でがっかり。

Can't Stand Losing You』の、オリジナルではフェード・アウトしていくエンディングのところが切れ目なく『Reggatta De Blanc』につながってギター、ドラム、ベースのアンサンブルで盛り上がったところでまた『Can't Stand Losing You』のサビに戻っていくアレンジは何度でも聞きたい!

続く『Roxanne』で大盛り上がりして本編終了、、、したのに気付かず次の曲を待ってしまった。で、座ってしまったお連れ様を思わず振り返って見てしまいましたよ。
だって本編終了だよ。
え、もう終わり?早くない?
これだけやったら十分でしょ。
ホントだ、もう9時過ぎてる。。。
というほど時間の経過を感じなかったのは、ここ最近のライブではなかった経験。

そしてアンコール。3曲+1曲。あまり好きでなかったはずの『King Of Pain』に思いがけず感動。ライブではこういう出会いがあるから多少迷っても足を運びたくなってしまうのです。
そして何度聞いても聞き飽きることのない『Every Breath You Take』、生で聞けて本当に嬉しい、素直に感激しました。これまで"まつわる思い出"ってなかったのですが、これからは曲を聞く度にこのライブを思い出すんだろうなぁ。
おまけの1曲はデビュー・アルバムの1曲目『Next To You』。個人的には好きな曲で聞けたのは嬉しいし、こういう元気なのを最後の最後に演奏できるのもかっこいいと思うし、タイトルの意味、歌詞の「All I want is to be next to you~」というメッセージも、感動の時間の最後にふさわしいとも思うけど、ここは『見つめていたい』で見つめられて終わった方が余韻にひたれたかもしれない、です。

と、あれこれ言いたくなるようなところもあったけれど、「良かったよねー」と手を取り合うような大きな感動とか興奮とかとも少し違うけど、心に残るものがとてもたくさんあって、行ってよかったと思えるライブでした。



では、St. Valentine's Dayらしくこの2曲でしめておきます。

Every Little Thing She Does Is Magic


Every Breath You Take




おまけのおまけ。フレさんの好きなこの曲も。
Synchronicity I
スポンサーサイト

コメント

お疲れ様でしたー!

東京公演、お疲れ様でしたー。
同じドームでもこっちはまだマシですけど、東京ドームの音の悪さはホントに残念ですよね。
でも、それでも良いライヴだったんじゃないでしょうか。
ちょっと時間が短いかな?って感じもあったけど、見れた事だけでも良しとしておかないとね。

楽しかったですね♪

大人なライブに超同感です。
じっくり聞きたいから、もう少し音響重視の小さめなハコで
やってほしいですね。
最初の2曲は好きな曲だけに音割れが残念、って他の日もダメでしたかー
まぁ、ドームに音を求めてもしかたないというアキラメはありつつ、
ビジュアル演出は満足でしたが、それよりいい音で聞きたい!
アンコールの展開は大満足でした!

で、私もかっこいいStewartにlove♪
すごく楽しそうなのもGJでしたよね!可愛いとさえ思ってしまったw

感動きわまるレビュー♪

うわぁ~、やっぱり思い入れあるとレビューが違うなぁ。その場の雰囲気と興奮度がよく伝わる文章で思い出しちゃうね。サビのテンポ落とすのは確かにテンション下がったなぁ(笑)。「King of Pain」も確かにそんなに良い曲だっけ?って感じだったもん。最後に「シンクロニシティ」で終わりはないからなぁと期待してたけど残念。しかし十分に楽しめたライブで千里さんも我を忘れたライブのようで…(笑)。

◆sy_rock1009さん

東京ドームも、スピーカーからほどよい角度の中に入ればかなり”まし”に聞こえるのですが、今回はスピーカーの外側だったので残念極まりない状況でした、、、、(泣)。
時間的にはあと2、3曲やってくれてもよかったかなぁと思いますよね。
ポリスは北米ツアー終了後完全解散するらしいので、「見られた時点で80点」、それも含めて十分楽しめました♪

◆なる@さま

行く日は違いましたが同じような感想になりましたねー。
ドームはドームなりの楽しみ方もあると思うのですが、ポリスはちょっとあてはまりにくいのかな。勢いとノリだけでも押せるような曲がドーム向きだとすると、ポリスは対極にある感じですものね。
それにしてもStewartさんは穴でした。あのTシャツを見た時点で好感度倍増♪ドラとパーカッションとドラムセットの間を走り回る様子もお茶目でグー♪♪ 顔の長さもこの際好印象に貢献ってことで♪♪♪

◆フレさん

いやなんか、終わって時間が立つにつれじわじわとこみあげてくる何かがあるというか、全体の印象が個別の曲の感想の積上げになっていないというか、不思議な感覚をうまくまとめられなくてついつい長くなってしまいました。まとめると「Stingはやっぱりかっこいい」につきてしまうのですが。
シンクロ1は、今回の構成だと演奏困難なのでしょうね。。。不完全燃焼だったでしょうが、翌日のアイアン・メイデンで取り戻されたようなので、トータルでオッケーにしといてくださいませ(って、そういう問題じゃない??)

はじめまして!

トラックバックありがとうございます。
早速訪問させてもらしました。ポリス、よかったですよね~
確かにスティング、カッコよかったです。
3人だけであの音圧は本当、不思議ですよね。
存在感がそうさせてたのかもしれないですね(笑)
感動しっぱなしの一日でした。
また遊びに来させていただきますね。

◆ mute_beatさん

ご来訪&コメントありがとうございます~。
ほんとにかっこよかったですね。ライブが終わってからもずっとアルバムを聞いては思い返しています。
これで最後だと思うと感慨もひとしおです。

私もまたそちらに伺わせていただkます。

いつもお世話になってます!!

いつも楽しく拝見させてもうてます。
これからもヨロシクお願いしますということでリンクに追加させて頂きました。
ウチのしょうーもないブログの方にも暇な時に遊びに来て下さい。

しかし今月はPOLICEとIRON MAIDEN観れてホンマに最高でした! 今もその余韻が残っています(笑) 
 

◆KOBE-YANAGIさん

ありがとうございます、こちらもリンクさせていただきました。
またそちらにも伺いますね、こちらこそどうぞよろしくおねがいシマス!

そうそう、KOBE-YANAGIさんもメイデン行かれたのですよね。
すっごい盛り上がりだったようで、何よりです~。

DVDでやっと観れました。

千里さん、本当にご無沙汰してます。
お元気でしたか?

私のほうはもう、なんていうか、物凄くタイトな生活をしています。
もう殆どが始発、最終の毎日・・・。
で、その中でブログ更新もちょっとづつやってたりしていますので、
睡眠時間は2~3時間くらい・・(笑)。

ところで、先日やっとこさPoliceのLIVE観ました。
DVDでブエノスアイレスのLIVEだったのですが、
堪能いたしました。
しかし、アンディ・サマーズ太っちゃったですね~(笑)。
TOTOのルカサーもそうですが、ギタリストは太る体質なのでしょうかね(笑)。
でも、かっこよかったです。

また遊びに来ますね。
それではっ。

◆ぼのさん

おひさしぶりです。
お忙しそうですが体調管理はしっかり!お願いしますよー(笑)。
こちらはとんと更新頻度が落ちてしまっていますが、無理せずぼちぼち続けていきます。

Policeの来日からもう1年たったのですねー、そんなに前のことに思えないのだけど。私もまたビデオ観ようっと。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/222-d12d1d54

THE POLICE LIVE IN CONCERT

行って来ましたよ、ポリスのライヴに! まだ東京公演が終わってないので、ネタバレをしてしまうとそっちに行く人がウッカリ見てしまったら面白くなくなるのであまり余計な事は言いませんが… とにかく良かったです! もうこの一言です。 凄いよ、あのおっちゃ...

THE POLICE★2/13 東京ドーム

前座があります。おみのがしなく!(って見逃したヤツでした;

“THE POLICE Live in Concert” in Tokyo DOME

 結局は、「2日連続」で東京ドームへ行ってました(爆)。あ、写真にあるのは、今日買ったプログラム(右)&Tシャツです。  それに...

ライヴ・レポート6♪詳報!2.14ポリス東京ドーム公演

ポリス東京ドーム公演詳細「日本一詳しい!ポリス東京公演レポート」スティーヴィー・ワンダーの公演以来ほぼ約1年ぶりのコンサートは、「ThePolice」の再結成コンサートでした。彼らが残した「EveryBreathYouTake」(見つめて欲しい)はロック史に残る名曲として語り継がれ...

The Police 東京ドーム(2008.2.14)

「なんでバンド名にポリスなんて付けるんだ?」 村上春樹氏の小説の中に出てくるこのセリフに共感して、今までPoliceを敬遠していた。 けれど...

The Police@東京ドーム

2/14は世間的にはバレンタインデーでしたが、わたし的には「ポリスのライヴに行く日」でした。 定時の1分後には会社を出るからと朝から宣言し...

CERTIFIABLE / The Police

結成30周年を記念した The Police、奇跡の再結成ワールド・ツアー!

 | HOME | 

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。