音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-11 [ Fri ]
Duanに続いてBerry Oakleyさんまで亡くなってしまってからの、全米チャートNO.1アルバム。。。。

Allman Brothers Band:Brothers and Sisters
Brothers and Sisters




「At Fillmore East」や「Eat A Peach」とは少し趣の違ったアルバムでした。
シングルカットされてポップチャートNo.1になったという『Ramblin' Man』をはじめほとんどの曲が、例えば『Whipping Post』や『Mountain Jam』あたりとは打って変わって明るく軽快なサザン・ロック。これはこれで好きだけど、だけどなんだかあんまりAllman Brothers Bandを聞いている感じがしないかも、しれない(^^; でも好きなのよ。『Jessica』なんか特に、聞いていると気分があがってきます。
あ、『Southbound』はかなりかっこよいです。3分過ぎあたりから延々と続くインスト部分は、ギターもピアノもドラムもリズム感にあふれていて思わず踊りだしてしまいそう。っていうか無意識のうちに踊ってる(笑)。『Jelly Jelly』のダルい感じも渋くてよいです。

◆1973年リリース
◆メンバー:
Gregg Allman (Keys,vo)
Dickie' Betts (g,vo)
Butch Trucks (d)
Jai Johanny Johanson (d)
Lamar Williams (b)
Chuck Leavell (Keys)

Greggのソロ・アルバム(LAID BACK)を聞いてみようと思っていたのに、いつの間にか廃盤になっちゃってた(悲)。

海外にも行っていないのに何故か時差ぼけしてしまったかのように眠れない夜が続いていて、でも眠れないものは仕方がないと半ばあきらめつつ目を閉じてこのアルバムを聞いていると、3回転目位で少しうとうとできるという、そんな正月明け第1週目なのでした。
スポンサーサイト

コメント

おや~

眠るためのアルバム?なんて(笑)。毛色の違う作品だよねぇ、これ。若い時聴いてつまんないなぁ~って思った一枚。若かった!

◆フレさん

それが何聞いても聞かなくてもダメで、とうとうダウンです~。

毛色は違うけどじっくり聞くとなかなか名曲揃いですよね。大人になればわかるってことかな?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/210-eb0d5bff

 | HOME | 

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。