音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-25 [ Sun ]
枯れた低音と伸びのある甘い高音を併せ持つ不思議な声に、しびれます。

-Soul's Core
Soul's Core


-The first ten years
-Beneath The Velvet Sun
-9th Ward Pickin Parlor


以前一度紹介しましたが、新譜がリリースされたので再度の登場です。
The First Ten Years えーと、フォーク・ロック?ブルース・ロック?サザン・ロック?ジャンルは良くわかりませんが、99年グラミー最優秀ポップ・メール・ヴォーカルにノミネートされた実力の持ち主です。



Beneath The Velvet Sun アコースティック・ギターを中心にしたシンプルな音の構成とか、アメリカ南部らしい乾いた土のような熱さ、男っぽさを感じる曲調とか、好きなところを言葉にすればいろいろあるけれど、でもなんだかんだいっても声に尽きます。時々歌詞というよりセリフをつぶやくようなパートがあるんだけど、不用意に聞くとガツンとやられちゃうので要注意です。


9th Ward Pickin Parlor 実は私、初めて聞いた時は相当やばかったのです、胸がドキドキして頭がボーっとして目はうるうる。ずーっと以前ベイブリッジ走りながらBobby Caldwellを聴いた時のようでした。



98年、全米7位になったヒット作がYoutubeにアップされていたのでリンク貼っておきます。



「The first ten years」に収録されているジョージ・ハリスンのカバー曲『WHAT IS LIFE』も秀逸です。まあでもどの曲が良いとかではなく体丸ごとこの声に預けてしまいまいたい、という感じ。でも決して女性向けという訳ではなく、男性だってきっと魅了されると思うな。軟弱な軽さと媚びた甘さが全くないから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/2-f4c81698

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。