音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-25 [ Tue ]
という訳で、最後のZeppelinです。

Led Zeppelin:Coda
coda


Best Hit USAを見ていて知ったのだけれど、9/25はボーナムさんの命日だったのですね。
ジョン・ボーナムさんの追悼盤だということで一瞬Queenの「Made In Heaven」やAllmam Brothersの「Eat a peach」あたりの内容とクオリティを思い浮かべ、でも「そうは言っても生前作りかけていたアルバムを亡くなった後完成させてリリースしたものと、生前ボツにした曲を集めて仕上げたアルバムでは、仕上がりに差はあるかもなぁ」と思いなおして、かなり低めの期待値で聞いてみたのがよかったのかな。
聞けば聞くだけ耳になじんできた感じです。
アウトテイク集といえどもZeppelinってこと?(じゃあ「In Through The Outdoor」は?)

オープニング(『We're Gonna Groove 』)からしていかにもZeppelinらしいなあ、と。好みで言えば2曲目の『Poor Tom 』のドラムとアコギに駆り立てられるような曲調が好きです。そういう意味ではM6『Darlene』のユルいダルい感じも好みなのですが、プラントさんのヴォーカルがイマイチかも。もうひとつ不満と言えば最後の曲(Wearing and Tearing)、”最終楽章の最終曲”としてはもう少し余韻かあるいは迫力みたいなものが欲しいなぁというのは贅沢?

◆1982年リリース



これでLed Zeppelinのスタジオ盤はとりあえず全作聞いたことになりますが、率直な感想としては、「いつまでも敬遠していないで、聞いてみてよかった。」、これにつきます。でももっと早く聞いていたら、きっと良さがわからずに終わっていたと思うので、タイミング的にも今でよかったと思います。勧めてくださった皆様、ありがとう。
スポンサーサイト

コメント

いやぁ、これはっ!

「We're Gonna Groove」の迫力、「I Can't Quit You Babe」の70年のライブリハーサル音源とは思えない素晴らしきブルース…、そして最後の「W&T」のスラッシュメタルと評された迫力…、どれもこれもZepのアルバムとして屈指の作品のひとつです。はい。

最高っすね。

どうも、ご無沙汰です。

まだまだ、音楽に浸れる状態では無いのですが・・・もう少しで復活させたいです~。

CodaはZepの最後のアルバムって言うだけの知識で聴いたアルバムでした。
もちろん、We'er Gonna GrooveでK.O.でしたが・・・

改めて聴きたいと思いました。

息子もRock聞かせようと思っています。気に入るかどうかは分かりませんが・・・
Zepはヘビロテですね(w。

◆フレさん

このままお蔵入りになってしまうには惜しい作品ばかりで、そういう意味でも表に出てきてよかったですよね。しかしフレさん、いつものことながら長くても短くても、Zeppelin関連の文章には熱がこもってますね~。

◆tackさん

育児大変そうですねー。新米お父さんの奮闘の様子、いつも拝見しています。

>息子もRock聞かせようと思っています。

そうね、”三つ子の魂...”ですものね。親子でRock談義なんてできたら楽しそう。

最終楽章

日本盤タイトルはこんなタイトルでした。
まさしくこれが最後のZEPPLIN。
このアルバムがリリースされた当時、
ZEPP信者の渋谷陽一氏は、ご自分のラジオ番組で
全曲掛けてしまったというほど。

アルバム全体を通してのボンゾのドラミングは凄いのひとことです。

◆ぼのさん

>ご自分のラジオ番組で全曲掛けてしまったというほど。

おお。気持わかるかも。どれか1曲選べと言われても選べないでしょうし。聞いたの、そんなに前ではないのですが既に印象が薄れてしまっていました、、、、ちょっと、聞きなおしてみます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/172-a44572ea

CODA (最終楽章) / LED ZEPPELIN

1980年、ジョン・ボーナムの死により、解散を余儀なくされた \"ZEPPELIN\" の未発表ナンバーを集めた 『最終楽章』! 全般に渡るボンゾのドラミングが壮絶な1982年作品。 1980年9月25日、ジョン・ボーナムの突然の死によって LED ZEPPELIN は解散してしまいました。 79

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。