音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-11 [ Tue ]
何の前振りもなく唐突に、9月にちなんだ曲、いきます。



★September@Earth Wind & Fire

そのまんまですが、大好きなのです。
何度聞いても飽きない。9月になるまで我慢して我慢して我慢して、そして解禁となったら毎日ヘビロテです。
September/EW&F

★Mr. Moonlight@The Beatles
もう少し涼しくなってからの方が気分だけど。
そしてこのカトゥーン・アニメは??だけど。
星だけじゃなくて月にも何か、祈りたくなっちゃう。


★Wake Me Up When September Ends@Green Day

メロディーが美しいです。バラード特集にとっておこうかと思ったけど、「American Ideot」に収録されてるこの曲はやはり、9月11日にこそ聞くべし、です。


あ、でもバラード特集は恥ずかしいからやりません。。。。



★Impressioni Di Settembre@P.F.M.
なる@さまにご紹介いただいて追加しました。
秋の夜長の夜更けに聞きたい、神秘的かつしっとりした曲です。



邦楽では、またまたそのまんまなSeptember@竹内まりや湘南SEPTEMBER@サザン、大好きな誰か(誰か~!)を思い浮かべて聞きたいSeptember Blue Moon@ユーミン、9月になれば夏は既に過去の思い出、思い出のビーチクラブ@稲垣潤一最後のサーフホリデー@杏里あたりが聞きたくなります。
 *稲垣潤一にはSeptember Kiss、杏里には9月のHometownからというまんまな曲もありますが、あまり気分じゃない*

邦楽には他にも9月の曲、目白押しです。9月って特別なのかな。
スポンサーサイト

コメント

9月には帰らない〜♪ユーミン

9月特集って切り口おもしろいですね!
私はSeptember@Earth Wind & Fire は1年中OKですが♪<オイ
で、Mr. Moonlight@The Beatlesが意外なようでツボなセレクト!
なるほど!という感じ。
なんだか楽しいので私も9月セレクション考えてみようかな?
でもって、
PFMの「Impressioni Di Settembre(九月の印象)」はいかが?
666にリンクしまーす♪

◆なる@さま

季節にちなんだ曲はもちろんたくさんあるのですが、”月”が限定されている曲って、洋楽では9月以外あまり思い浮かばなくて、面白い現象だなぁと。(自分が知らないだけなのだと思いますが)。邦楽はいろいろな”月”の曲があるようですが、中でもやはり9月が多いような。なんでなのでしょうね~。

>私も9月セレクション考えてみようかな?
ぜひぜひぜひ!どんな曲が出てくるか楽しみです。私も邦楽を追加しておきます。なる@さまのユーミンは紅雀ですね?私はDelight Slight Light KissからSeptember Blue Moonです♪

それと、PFMの曲、ありがとうございます。666にコメントさせていただきました!そしてこちらもここに追加させていただきました。

*この記事読んでいただいたであろう時間、HTMLタグに不備があって、きちんと表示されていない部分があったようです。読みにくかったですよね、すみません。直しておきました。

え?

すみれセプテンバーラブ(一風堂)くらいしか思い付かない(笑)。

◆フレさん

そんな風情のないことおっしゃらず、お酒が抜けてる時に考えてみて~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/167-1fe29816

 | HOME | 

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。