音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-18 [ Mon ]
三大ギタリストの最後の一人。

Jeff Beck:Blow By Blow
Blow by Blow


・・・まあ、お勉強なので。


Eric ClaptonもJimmy Pageもとっくに聞いていたのに何故か今まで手付かずだったJeff Beck、なんでここまで引っ張ってしまったんだろう。。。と思いつつ聞いてみて、もっと引っ張っておけばよかったと思ってしまった私は、ギターがわかってない?

でもわかるわからないはおいておいて、好きじゃない類の音とメロディーだったのは仕方ないよね。フュージョンって言ってしまっていいのかな、昔聞いてたシャカタクとかドナルド・フェイゲンもこんな音してなかったっけ?当時はかなり好きだったんだけどある時以来つき物が落ちたように聞かなくなっちゃって、最近ではむしろ好みとは遠く離れた場所にあるようなそんな音。

まさかこんなところで耳にするとは思ってなかった。不意打ち。

もちろんClaptonやPageとあまりに違うという意味でも不意打ちだったけど。

ホントはきっと聴くべきポイントがたくさんあるんでしょうね。。。。
スポンサーサイト

コメント

これはこれは

Diamond Dustが聴きたかったところ、たまたま弟が購入。
これとRough And ReadyというJeff Beck GroupのアルバムがJeff Beckに触れた最初だったので、当時は結構きつかったです。

ただ、Rough And Readyは改めて聴くととっても良いです。
そこからさかのぼり、第一期のJeff Beck Groupも聴くとまた違っているのですがかっこよい。

BB&Aのライブも聴くと、「すげぇ~」と思いました。
三大ギタリストでは一番とっつきにくかったです。
BB&Aの"Jeff's Boogie"が超好きです。

訂正・・・

"Jeff's Boogie"もよいですが、"Boogie"って曲の方が好きです・・・

ん、よくわかります…。

ベックはね、なかなか深いんでしょうなぁ、たぶん。自分もやっぱり奥手だったもん。で、今でもあまり聴かない人の一人です(笑)。

◆tackさん

tackさんに「かっこよい」と言われるとつい聞いてみたくなってしまいますが、しばらくはこのアルバムがトラウマになって中々他に手がでないかも(笑)。Jeff Beck Groupだと雰囲気が違うのでしょうけどね。。

◆フレさん

ギターなフレさんでも、そうなのですね?なんかちょっと安心(笑)。

いい悪いじゃなくて、好みに合わないのは仕方ないとあきらめてスルーしていきます。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/149-a1becb7e

Jeff Beck - Blow By Blow

 知的なギターとクールなプレイと言えば英国からのこの人、ジェフ・ベック。孤高のギター達人とも呼ばれるベックの場合は天才にしてなかなかセールスには結びつかない不運な人でもあるんだけど、確かにヤードバーズから始

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。