音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-27 [ Tue ]
昔のカレには、会わないほうがいい???

Atoll:tertio
tertio


偶然会ってしまったら仕方ないけど。


もしかしたらまたあの時みたいなドキドキやハラハラが味わえるのかな、地団駄踏んだり胸が痛んだり、でもちょびっと優しくしてもらえて天にも昇るような夢見心地になれるのかな、って期待に胸をふくらませつつ久しぶりに会ってみたら、相変わらずとびっきりかっこよくて魅力的なわけです。
でも同時に、オトナになって世慣れてしまったのか、世間ってものがわかってきてしまったのか、あの頃の危なっかしさとか荒削りなところが影を潜めてしまったみたいだなぁ、とも思ってしまったわけです。

なんかちょっとこう、いいんだけど、残念でもある。。。。

って、そんな感じ?


◆1978年リリース
メンバー:
Christian Beya (g)
Jean-Luc Thillot (b)
Michel Taillet (keys, percussion)
Alain Gozzo (d)
Andre Balzer (vo, percussion)
ゲスト:
Richard Aubert (violin)


先日学生時代の仲間の集まりがあって、十何年ぶりに会う人たちがたくさん来るからおいでって言われていたんだけど、迷った末に欠席してしまったの。
後から当日の様子を聞いて「行けばよかったかなぁ」なんて思わないでもなかったけど、このアルバムを聞いたら、やっぱりあの集まりには出なくて正解だったかも、なんて思ってしまった。





大人には大人の魅力があるのは知ってるのよ?
でも私は、あの頃の方が好きなんだなぁ。


なぁんて、つぶやいてみちゃったりして。


もちろん、このアルバムのことなんだけど。
スポンサーサイト

コメント

おっとドッキリ…

そっか、そういう想い…いいなぁ…。いつまでもあの頃に戻りたい。ああ、彼女、元気かな…と。ん?このアルバムの話だよ、もちろん(笑)。

◆フレさん

うん、きっと元気で幸せで、時々フレさんのこと思い出してるわよ。


って、アルバムは思い出さないか(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/118-74a4e23f

Atoll - Musiciens Magiciens

 フランスの誇るプログレッシブバンドのひとつが破壊的且つ変態的なマグマであるならば、双璧をなるもう一つのバンドがアトールと云える。一般的にはフランスのイエスと形容されることが多くて、だから故にあまり聴こ

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。