音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-12 [ Mon ]
半年振りのZeppelinです。

Led Zeppelin:Physical Graffitti
Physical Graffitti



M1『Custard Pie』が始まるなり「あぁ、Zeppelinだなぁ。」って懐かしさすら覚えてしまいました。初めて聞いたのに。

ドラムが凄いですね。
どの曲を聴いても、あくまでもでしゃばりすぎずでも圧倒的な存在感を示している気がします。他のアルバムでも感じてはいたのだけれど、ことこのアルバムではギターを凌駕しているかも、とすら思えます。もちろんギターがスゴイことに変わりはないのですが。
そして「曲数が多くて、玉石混合気味」という心配も、特にDisk1では無用のようでした。
The Rover』、『In My Time of Dying』、『Ten Years Gone』、『Sick Again』とかっこよすぎる曲が並んでいますが、個人的に気になったのはM5『Trampled Underfoot』のなんだかDiscoっぽいところ。Doo-beeの「Long Train Running」とかKC&THE SUNSHINE BANDの「That's the Way」あたりの土臭さや高揚感が連想されます。(もっと身近などこかで聞いたことがあるなと思ったらB'zのBad Communicationでした。。。話しには聞いていたけど、ここまであからさまだなんてねぇ)

Houses of the Holy』のポップなリズムとか(曲名から想像していたのとはかなりイメージ違ったけど)『Kashmir』のオリエンタルなムード、『Boogie with Stu』のファンキーな軽いノリなど、曲調もバラエティーに富んでいて2枚組15曲もあるのにダレずに最後まで集中して聞けました。
「Presence」同様何度も続けてリピートしたくなりそう。

◆1974年リリース

さてさて残るは悪評高い(?)「In Through The Outdoor」です。もう手元にはあるのであとはいつ聞くかとうタイミングだけ。
スポンサーサイト

コメント

名作!

Zep史上もっともバラエティに富んだ作品ですね。コレは何度も何度も聞き込む度に深みにはまります♪

◆フレさん

幅広いのに散漫な感じがしないところに感心しました。才能ですね。

超充実だなぁ!

Tarkusも気になりつつ、やはりこちらへー♪

おお!千里様、完全に消化されたんですねー。
私はちょっと疲れちゃうところあるのですが
(多分、ロバートのボーカルのハイトーンに
麻痺しちゃうのかな、と。)
記事を拝見していて、急に聞き直したくなって
引っ張り出して参りました。

というわけで、今、BGMでございますw
(ボンゾのドラムス、天才的な鋭さで音が深くて
ちょっとマジカルだなぁ・・・)

◆ねーさま

のろい歩みですがZepもとうとうあと2枚まできました。
(ここでストップしてよし、との声もありますが。)
私もハイトーン・ボイスは苦手なのですが(Yesのジョンさんとか)、
何故かこのロバートさんは大丈夫なのです。不思議。

Tarkusもよかったですー、
ギターにも随分なじんできたのですが、
キーボードとかクラシカルな楽器の音がすると
ほっとしたりもします。

まだまだ聞きたいものがたくさんあって、
先が楽しみです♪

後期ZEPPの名作

このアルバムが後期のZEPPでは一番好きですね。
特にディランの「死にかけて」が最高です。
原曲は1分程度の小作品なのにZEPPの手にかかると
10倍の長さになる・・・(笑)。
それが、長く感じないのですから凄いです。

◆ぼのさん

そういえばこの記事を書いて以来聞いてないです。2枚組みだとどうも手が伸びにくいのです。。。聞いたらいい曲目白押しなのですけどね。
明日の通勤タイムは久々にこれ行ってみようかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/113-1834fd7f

PHYSICAL GRAFFITI / LED ZEPPELIN

ZEPP 自ら設立した“スワン・ソング”レーベルからの第一弾!  2枚組にして予約だけで100万枚突破した驚異の通算6作目。自分たちの多彩な音楽性をあまねく披露した大作2枚組アルバム。 ZEPP 6枚目のアルバムにして唯一の二枚組のスタジオ録音です。このアルバムは、実

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。