音楽編♪

ちょっと気になる音楽とか、勉強中の音楽とか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-05-13 [ Sat ]
なんかこれ、ASIAみたい。
お、よくわかったね。

GTR

それもそのはず。
Steve Howeさん(Yes, Asia)、Steve Hackettさん(Genesis)が組んだ幻のプログレ・ポップ(?)バンド。
ヴォーカルのベーコンさんの声がウェットンさんに似た印象の高く澄んだ声だからますますASIAっぽさに拍車をかけている気がします。もし「これ、ASIAの5枚目(何枚目でもいいんだけど)だよ。」って言われたらあっさり信じちゃうかも。
っていうことは、ASIAファンな方にはオススメということかしら。

確かに聞きやすかったのですが、スーっと通り過ぎていってしまったみたい、しばらく聞かずにいたら聞いたことがあるかどうかも思い出せなくなってしまいそうです。記憶力悪いし。ゴメンナサイ。

◆リリース:1986年

◆メンバー
Steve Howe (g)
Steve Hackett (g)
Max Bacon (vo)
Phil Spalding (b)
Jonathan Mover (dr)

リリースされたアルバムはこの1枚きりだそうです。

スポンサーサイト

コメント

◆コメントありがとうございました◆

1. Posted by こぶし May 22, 2006 01:39
GTRは当時リアルタイムで買いました。
結構期待してたんですけど、かなりがっかりしましたねえ。
こういうプロジェクト的なグループの雇われボーカルって、上手いんだけど全然面白くない、って人が多いです。
だから無名のままなんだろうけど。
ボーカルといえば、このスティーヴ・ハウさんのボーカルはとにかくぶったまげます。
彼のファーストソロアルバム、『biginings』は是非聞いて欲しいです。
買っちゃったら大変だから、誰か持ってたら是非借りて下さい。
なぜかギターもとっても下手に聞こえます。

2. Posted by 千里 May 22, 2006 09:27
>結構期待してたんですけど、かなりがっかりしましたねえ

・・・なのでしょうね、がっかりぶりが目に浮かぶようです。
良くも悪くも聞き終わったあとに"ひっかかり"のないアルバムだなぁ、と思いました。個性に欠けるというか。きれいにまとまりすぎというか。
そういう意味ではハウさんのボーカルは相当"ひっかかる"のでしょうね。周囲に持っている人はいないようですので、BookOffあたりで気長に探してみます。(怖いものみたさ的な期待感。)

3. Posted by Bono May 23, 2006 00:48
お久しぶりです。
ようやく元通りの生活になりました。
先週は出張だったり、締めの週だったりと
何かとバタバタし、最後には大酒のみと化すという
最悪の週でした(笑)。

で、「GTR」聴かれたのですね。
結構いいでしょう。
実はスタジオ盤1枚のクセに
マイナー盤を含めると、そのほかに
LIVE盤が3枚出てるのですよ。
その中の1枚がYesやジェネシスの
曲も演ったりして中々良かったですよ。

4. Posted by 千里 May 23, 2006 23:02
お久しぶりです、相変わらずお仕事大変そうですが少しは落ち着かれたようでよかったです。

GTR、聞きました。
BonoさんのBlogで紹介されていたんですよね、すっかり忘れてました~。

>Yesやジェネシスの曲も演ったりして

これ、気になります。本家のYesやGenesisをもう少し聞いてみた後にトライしようかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senri66.blog60.fc2.com/tb.php/10-b18f88f8

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

ようこそお越しくださいました

千里

Author:千里
プログレ、ハードロックのお勉強はちょっとお休み、ミーハー洋楽に原点回帰中です。

ブログ内検索

全記事リストアップ

キーワード


カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。